スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

随筆 地域の旭日

随筆 地域の旭日 ─地球の未来へ─ 
  鳳書院 2009.7.3刊 ¥1,300(税込)

はじめに

青年

若き活力で危機の打開を (毎日新聞 2009.3.1)
 ヴァイツゼッカー大統領の言葉
 銃乱射事件をきっかけに起こった若者たちの行動
 アインシュタインがフロイトに問うた「戦争を避ける方途」
 先天性脳性小児マヒを乗り越えた関西の青年

切磋琢磨し合い「なくてはならない人に」(埼玉新聞 2008.6.24)
 与謝野晶子の青年観
 埼玉を訪れた若き日の思い出
 若き友へのエール
 日本初の女性医師 荻野吟子、2人目の医師 生沢クノ
 法華経の説話「衣裏珠の譬え」
 ゴルバチョフ元ソ連大統領と語り合い、一致した法則
 埼玉は東京の食と命を支えた「江戸の母」
 モスクワ大学元総長ログノフ博士とのダイアモンドをめぐる対話
 経済学者ガルブレイス博士の言葉
 武者小路実篤の箴言
 
英雄ナポレオン (東奥日報 2008.8.10~12)
 人間の幸福とは
 若きナポレオン・ボナパルトの言葉
 「自分の星」を輝かせよう
 青森県立美術館で「大ナポレオン展」開催
 名画「サン・ベルナール峠を越えるボナパルト」
 太宰治が描く郷土青森のヒバ林
言論人 生む青森の風土
 古き王朝を終わらせた力は何か?
 弘前出身の言論人 陸羯南
 決断不在の時代に出現する指導者とは
 “命の食”はぐくむ青森県
 ナポレオンと農家の母
 安藤昌益の農耕改革
 奥入瀬渓谷と「滝の詩」
 東奥青森から生まれる新時代
 
民衆交流こそ平和の礎 (山陰中央新聞 2007.1.4)
 「友情の海」日本海
 1968年 「日中国交正常化」提言
 2005年開催「周恩来」展(八雲村)
 山陰出身の日中友好の先人・増田渉氏
 島根県と中日友好協会
 
青年の力で国連の改革を (IPS通信 2008.10.24)
 アルキメデスの英知
 国益より人類益の視点で
 国連を「足場」に地球的問題群の解決を
 21世紀の国連を支える三本の柱
 青年が国連に関われるような制度の確立を
 国連による「青年総会」の設立を
 
女性・子ども・教育

平和の文化──常に生命を慈しむ心を (岐阜新聞 2005.9.4)
 旧岩村町が生んだ女性教育の先覚者・下田歌子
 岐阜県ゆかりの外交官・杉原千畝
 「愛する地域で人のために」と貢献
 岐阜県で進める「男女共同参画計画」
 アメリカの人権の母・ローザ・パークスが日本の女子学生に贈ったアドバイス
 
思いやり社会の創造を (埼玉新聞 2004.1.15)
 ノーマン・カズンズが証明しようとした「希望」
 ロシアの児童文学作家リハーノフ氏の憂慮
 子どもの苦悩を思いやる心
 「愛される」人から「愛する」人に
 ヘッセの「アウグストゥス」に描かれた母の願い
 子どもは「世の宝」の存在
 ウィーンの新聞に載った一人の母の手紙
 埼玉に輝く民衆勝利の歴史
 「足尾鉱毒事件」と田中正造翁
 北川辺町の小学校にある田中正造翁の墓

子どもの幸福のための教育 (福島民報 2005.4.24)
 ベラルーシ共和国のバラノヴァ総長の言葉
 光る「ふくしま子ども憲章」の制定
 ガンジーの言葉「子どもたちのために、自分は何ができるか」

人間・宮沢賢治に想うこと (岩手日報 2003.8.8)
 宮沢賢治の叫んだ「本当の幸福」とは
 宮沢賢治が探究した「法華経」の哲学
 宮沢賢治の「生徒諸君に寄せる」

輝く「人間教育」の源流 (福井新聞 2004.2.26)
 魯迅の教育者としての側面
 「人間の尊厳」勝ち取る正義の魂
 魯迅と藤野源九郎先生との師弟のドラマ
 福井に残る先哲の足跡
 福井で開催された「魯迅展」

地域の力 女性の力 (千葉日報 2009.3.16)
 「千葉県なんでも日本一」
 江戸英雄三井不動産会長との出会い
 試練の時代にこそ人間の心が試される
 千葉県発の時代を先取りした発想
 地域の活力育む「思いやる心」「学ぶ心」
 「女性外来」の開設にコロンビア大学から贈賞
 太陽のような心で未来を照らせ
 宿命を使命に変えた船橋の家族

平和・人権・共生

平和市民の力で核なき世界を (中国新聞 2008.9.8)
 平和市民の永遠の都 広島
 「広島」という平和運動の旗印
 「2020ビジョンキャンペーン」についてのインタビュー
 洞爺湖サミットで明記された核軍縮
 「クラスター爆弾禁止条約」の採択
 核兵器と人類は共存できない
 「平和の方程式」を確立する時

北東アジアの新時代へ (日本海新聞 2008.5.1)
 日本海に広がる友情の道
 鳥取県の環境教育は先駆的
 環日本海サミットで発表された「環境交流宣言」
 環境問題の解決に欠かせない青少年の意識啓発
 日本海新聞に届いた韓国人男性からのメール
 友情の心満ち創造力が躍動
 「環日本海」は文明交流の大舞台

長崎は平和行動の原点 (長崎新聞 2002.7.29)
 ライナス・ポーリング博士が語る長崎への思い
 核廃絶を全世界に訴える使命
 北村西望先生渾身の大作・平和祈念像
 核廃絶への歩みと蝸牛
 ポーリング博士夫妻の平和闘争
 高校生が起こした核廃絶への「1万人署名」

心のふるさと“山光” (日本海新聞 2004.3.9)
 ロバート・キャパ氏の写真機
 永遠なる瞬間
 キャパ兄弟が発信するメッセージ
 不滅のメッセージ
 「エリザベス・サンダー・ホーム」創設者・澤田美喜
 平和を願う
 ロバート・キャパの墓に刻まれた文字
 「未来の光」へ
 写真芸術先進県鳥取で開かれた「ロバート・キャパ」展

東北の挑戦に期待 (河北新報 2005.5.18)
 グリーンベルト運動の先駆者・マータイ博士
 3千万の植樹は教育の力で
 東北が先駆的に広げる「環境教育」
 「松林」保全運動に立ち上がった尊き市民の言葉 

平和の原点「うつくしま」 (福島民報 2005.6.19)
 世界を結ぶ知性の揺籃・福島
 歴史学者・朝河貫一博士の慧眼
 福島県に残る「日韓」「日中」の友誼の足跡
 戊辰戦争に学ぶ悲劇
世界市民の心 (岐阜新聞 2005.7.3)
 「愛・地球博」から広がる世界との「友好」「交流」
 個性を尊重し、違いを学び合う
 白いバラが咲く庭と色とりどりの花が咲く庭
 岐阜を訪問したゴルバチョフ夫妻
 
地域・文化

文字文化復興の新潮流を (山陽新聞 2006.10.17)
 少年時代の読書が開く世界
 古今の名作は人生の財産に
 オランダの知識人二コ・ロストの強制収容所での交流
 活字離れは人間力の衰退に
 「正しい本」から「正しい判断力」を
 日本新聞協会が提唱する「NIE」運動
 
ヴィクトル・ユゴーの叫び胸に (神戸新聞 2002.12.10)
 活字文化へのユゴーの誇り高き宣言
 歴史の正義と真実を刻む
 青春の一書『レ・ミゼラブル』
 「世界の書籍展・神戸展」に込めた願い
 活字こそ知性の証 若者に夢伝えよう
 兵庫県が進める「ひょうご“本だいすきっ子”プラン」
 『人生地理学』をいち早く紹介した神戸新聞
 人々に勇気を与える新聞の使命
 阪神・淡路大震災時にも発行し続けた神戸新聞
 「世界への窓」神戸
 
北陸から世界へ文化の大光を (北国新聞、富山新聞 2008.10.2)
 日本文化の花「北陸」
 ふるさとに尽くす
 芸術文化の殿堂「赤羽ホール」
 
人間の魂の強さと誇りを (北国新聞、富山新聞 2007.9.20)
 幸福の鍛冶屋(ロシアの文豪ショーロフ)
 日ロの交流は平和の光源
 
「志国」にみなぎる創造の力 (四国新聞 2008.11.25/12.17、2009.1.14/2.11/3.18)
 三国志の英雄・諸葛孔明の励まし
 三国志に学ぶ激動の時代への対処
 「ものづくり」の智恵を生む四国
 未来は人材で決まる
 劉備玄徳の至言
 郷土に貢献する「無冠の英雄」
 青年と活字文化
 四国は「詩国」
 トインビー博士が絶賛した瀬戸内海
 香川県が推進する「23が60読書運動」
 「師国」の誉れ高き心と技の継承
 希望の春は母から生まれる
 女性教育の先進県 香川の慈愛の光
 一人を大切にする母の心に学べ
2009-06-30 : 随筆集 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。