スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

御書と師弟 唱題の大音

池田名誉会長講義 御書と師弟 (2009.6.4付聖教新聞)

第16回 唱題の大音《だいおん》

唱題の声は大宇宙に轟く
仏の大生命を涌現して勝て!


御聖訓
 今日蓮等《ら》の類い
 南無妙法蓮華経と唱え奉るは
 大風の吹くが如くなり
           (御義口伝、御書742㌻)

“師匠と不二”の祈りは無敵

 「私は今、御本尊に命が惜しいとは願いません。たとえ5分でも10分でも、生きている限り、広宣流布のために、ご奉公させていただきたいと願っているのです」
 恩師・戸田城聖先生は、晩年よく語られました。先生の題目は、広宣流布に全生命を注がれゆく深き強き一念の祈りです。
 先生と共に唱題させていただくたびに、勝利への生命力が全身に躍動してきました。
 「師弟共に唱うる」(御書748㌻)妙法の師子吼を、わが生命に轟かせながら、私は、あらゆる闘争に連戦連勝の栄光史を残してきました。師と心を合わせた「不二の祈り」は無敵であります。
 師弟一体の強盛な祈りに、十方(=全宇宙)の仏菩薩、諸天善神も感応する。広布の闘士を守りに護るのです。
 「御義口伝」には仰せです。
 「今日蓮等の類い南無妙法蓮華経と唱え奉るは大風の吹くが如くなり」(同742㌻)
 題目は、わが生命を限りなく強くし、そして人々の生命をも変えゆく「大風」を起こしているのだ、との大宣言です。
 この御金言は、法華経見宝塔品第11の「譬えば大風の小樹の枝を吹くが如し」(法華経388㌻)の経文について、日蓮大聖人が講義なされた口伝です。

仏が放った光と風

 宝塔品では、有名な「虚空会の儀式」が展開されています。
 この説法では、仏が「光明」や「妙香」を放ち、光と風が、十方の国々まで、遍く広がりゆく様子が説かれています。
 この光明を浴び、妙香を受けた衆生は、心から感激し、堪えがたいほどの喜びに包まれます。あらゆる人々が、仏の大慈大悲の薫風によって蘇生していく様子を「大風が小さな枝を吹くようなものである」と譬えているのです。
 すなわち「大風」とは、民衆に随喜の心を呼び起こす、正法正義の威光勢力の表現にほかならない。大聖人は、南無妙法蓮華経の題目こそ、全民衆を歓喜と幸福で包む「大風」であると結論されているのです。
 大聖人は、この経文の「大風の如く」とは「題目の五字なり」、「小樹の枝を吹く」とは「折伏門なり」とも仰せです(御書742㌻)。
 朗々と題目を唱え、勇敢に仏法の正義を語り、厳然と邪義を破折する。そして友また友の生命に歓喜の旋風を巻き起こす。この唱題と折伏の「大風」を、日本中、世界中に広げてきたのが、わが創価の同志であります。
 私たちの唱える題目は、「生きる力」であり、「幸福になる源泉」です。「勝利していく原動力」なのです。題目の音律には、大宇宙のリズムに則って、自他共の生命を根底から変えゆく偉大な力用があります。
 法華経において、七宝に飾られた宝塔の出現から展開される虚空会の儀式は、十界のあらゆる衆生が歓喜踊躍し、成仏の道を歩む生命変革のドラマと言ってよい。
 経文を拝すると、この虚空会には、十界の衆生が一界も欠けることなく、すべての人々が虚空(=大空)に引き上げられていることが伺えます。

「十界同時」の変革

 いかなる境涯の衆生も、妙法の光明に照らし出される。妙法の薫風を受けない存在はない。誰人も仏になれるという平等と尊厳の思想が、法華経の魂です。
 その思想的な基盤として、「御義口伝」には次のように述べられています。
 「所詮釈尊も文殊も提婆も竜女も一つ種の妙法蓮華経の功能なれば本来成仏なり、仍《よ》って南無妙法蓮華経と唱え奉る時は十界同時に成仏するなり」(御書798㌻)
 ──釈尊も、文殊などの菩薩たちも、さらには提婆達多や竜女たちも、皆、妙法という一つの種の働きを示す存在であるから、本来成仏しているのである。ゆえに南無妙法蓮華経と唱える時、十界の衆生が同時に成仏するのである──。
 十界の衆生が、等しく、いついかなる時も仏になれる。これは法華経のみの秘伝です。
 南無妙法蓮華経は、大宇宙の根本法則です。この妙法を唱え、行じ弘める生命は、大聖人と一体なのです。ゆえに、何ものも恐れることはありません。
 「御義口伝」には、他にもこう仰せです。
 「十界同時の成仏なり」(同712㌻)
 「歓喜とは善悪共に歓喜なり十界同時なり」(同735㌻)
 「南無妙法蓮華経と唱え奉るは十界同時の光指《さす》なり」(同741㌻)
 大聖人は繰り返し「十界同時」と仰せです。これは甚深の御聖訓です。ダイナミックな生命変革の原理です。
 南無妙法蓮華経は、身近な活動も、さらに大宇宙の運行も動かしていく法則であり、力であります。自分と社会を共によりよき方向へ発展させていく根源の大法なのです。
 その原点は、あらゆる生命は「十界本有の仏」(同1506㌻)であるとの悟りにある。
 私たちの唱題は、自他共の十界の生命を妙法の大光で照らし、誰もが本来具えている仏の大生命を引き出し、輝かせゆく人間革命の修行なのです。

「十界」の社会に歓喜の旋風を

「幸福感は伝わる」
 「幸福感は人に伝わる」──昨年、米ハーバード大学医学部などの研究者たちが英国の医学誌に発表した貴重な洞察です。
 この知見によれば、誰かの幸福感に変化が起きると、それは周囲にも伝わり、幸福な人々の社会学的・地理的な集団の形成に寄与する。
 つまり、幸福感や充足感というものは、個人がそれぞれに感じるだけではない。人から人へと伝わり、大勢に共有される傾向があるというのです。
 とくに、この幸福感は隣人や友人によって伝わりやすいという結果も示されています。
 この幸福感の伝播があれば、「健康を広めることも可能となり、政策や医療方針を設計する上で大きな影響を及ぼす」とも指摘されています。
 人間は、決して一人だけで生きているのではない。大きな生命のネットワークの中で、互いに支え合い、影響し合いながら生きています。
 信心に励んで功徳を得た歓喜と確信を、友から友へ語りに語る。そして、友また友の成長を祈りに祈る。この一念随喜の万波こそが、私たちの広宣流布のエネルギーです。
 今日、世界192力国・地域に広がる唱題の歓喜の大旋風は、最先端の学問研究の成果とも見事に一致するのです。
 戸田先生はわかりやすく言われておりました。
 「功徳の喜びを百回語っていけば、さらに百倍の功徳となって返ってくる。それが信心のすごさだよ」
 私たちは今、「十界の衆生」の大海原の真っ只中で、朗々と妙法を唱え、人間革命の金波、銀波を巻き起こしている。わが同志の皆様こそ、娑婆世界を、光り輝く仏国土に「三変土田」しゆく変革劇の主役なのです。

御本尊とわが生命
 戸田先生は語られました。
 「今こうして折伏を行じ、御本尊を信じまいらせて題目を唱えているならば、いつ御本尊を拝んでも、日蓮大聖人の生命と我々の生命とがピタッとふれ合うのであります」
 「大聖人の御生命が南無妙法蓮華経でありますから、弟子たる我々の生命も同じく南無妙法蓮華経でありましょう」
 私たちが拝する御本尊は、十界互具の大曼荼羅であられる。御本尊には、十界の衆生の代表が納まり、南無妙法蓮華経の光に照らされています。
 御本尊も十界、私たちの生命も十界です。そして、社会も十界の生命で成り立っている。
 御本尊に題目を唱えると、三世十方の仏菩薩が、私たちと同じく合掌します。また、全宇宙の無数の諸天善神が、絶対に従います。十界の生命を揺り動かすのですから、悪鬼・魔民さえも強い味方となって、妙法を護り広げる働きをすることは間違いないのです。
 社会も、人生も、そして私たちの生命も、変化変化の連続です。森羅万象、変わらずに停滞しているものは何一つない。人の心もまた、瞬間瞬間、めまぐるしく変化していく。御書には「一人一日の中に八億四千念あり」(471㌻)と仰せです。
 今まで怒っていた人が、次の瞬間にはもう笑っている。何の悩みもないと言っていた人が、翌日には深い苦悩の淵に沈んでいる。このように人生は、常に変転してやまない流転の劇であります。
 この移ろいゆく心を、妙法という大宇宙の根本法則に深く合致させていくのが、私たちの祈りです。
 御本尊は、大宇宙の縮図です。そして、自分自身の生命も御本尊と同じです。自身の“我”を仏界の生命で固め、三世永遠に崩れ得ぬ幸福境涯を勝ち開く。これが「絶対勝利の信心」にほかなりません。
 友のため、社会のために必死に祈る皆様の姿それ自体が、日蓮大聖人に直結した最高の慈悲の振る舞いであります。
 一切を、大確信の祈りで勝ちまくるのです。

十方世界に届け!
 御書には「題目を唱え奉る音《こえ》は十方世界にとずかずと云う所なし、我等が小音《しょうおん》なれども、題目の大音《だいおん》に入れて唱え奉る間、一大三千界にいたらざる所な
し」(808㌻)とも説かれています。
 題目の声は、「十方世界」すなわち大宇宙に届くとの御金言です。
 唱題に励むとき、大宇宙の根本の法則である妙法と、わが生命が融合する。小宇宙である自身の生命の扉が大宇宙に向かって全開し、全宇宙の頂点から一切を広々と見わたすことができる。宇宙に包まれていた小宇宙が、大宇宙を包みかえしていく──これが我らの祈りです。
 悠々と大宇宙を旅しながら、生命を浄化できる。そして十界のあらゆる衆生の境涯を深く知って、幸福に導く「慈悲」と「智慧」が、こんこんと涌き上がってくるのです。
 この祈りの大きさこそが、広宣流布の真髄です。
 大聖人は、「あらゆる衆生の具えている仏性を、妙法蓮華経と名づけるのである。ゆえに、一遍、この題目を唱え奉れば、一切衆生の仏性が、皆、呼ばれてここに集まるのである」(御書498㌻、趣意)と述べられています。
 「法」は見えない。しかし「音」となって表れれば、わかる。だから「声」が大切なのです。妙法を唱え弘める我らは、信心の長者なり! 境涯の王者なり! この誇りで進んでいきましょう。

師匠と心のギアを
 なかんずく、広宣流布の師匠と心のギアを合わせ、師弟の魂に燃える祈りを貫くならば、わが生命の奥底から、仏の力が発光していくことは間違いありません。
 昭和32年(1957年)7月3日、あの「大阪事件」で、私は権力により不当逮捕されました。戸田先生の怒りはすさまじかった。
 「民衆の味方である創価学会をいじめ、弾圧する。これほど卑劣なことはない!」
 戸田先生は、無実の罪で獄中に繋がれた私の解放を、ひたぶるに祈ってくださった。
 「権力の魔性との戦いは、題目をあげなければ勝てないんだよ」と先生は言われました。
 私の拘留中、大阪に駆けつけてくださった先生は、関西本部の会長室と3階の仏間を、幾度となく往復してくださったのです。
 邪悪を弾呵する先生の題目の大音声が、同志の心に正義の炎を燃え上がらせたのです。
 私の生涯は、この恩師への報恩の二字に尽きます。師の祈りに、死身弘法でお応えする以外に弟子の赤誠はありません。
 若き日、私は日記に綴りました。青春闘争の結論です。
 「第一にも、題目しかない。第二にも、第三にも、宿命打開は、題目しかない。実践。──実行。──勇敢に、撓《たわ》まず。観念論では、一分の変革もなし得ない」

必ずや変毒為薬と
 今こそ題目をあげきって、どういう結果が出るか、実践し切ろう! 解決してみよう! だれが何と言おうが、私は私なりに御本尊にぶつかってみよう!
──この決心で、十万遍、二十万遍、三十万遍、五十万遍と、題目をあげて、あげて、あげ抜きました。
 先生のお体、先生のご家族、先生の会社、そして、先生の作られた学会、先生が育てられた同志……歩いていても、電車に乗っていても、いつもいつも心で題目を唱えながらの闘争でした。
 祈りが、まだまだ足りない。まだまだ弱い。まだまだ小さい。自らを叱咤しながらの勇猛精進だったのです。
 戸田先生の弟子として、御本尊に願い切っていこう! 働き切っていこう! 同志のために勝ち切っていこう! この一念しかありませんでした。
 そして、生活の上に、境涯の上に、厳然たる解決の証拠が出たのです。「御本尊はすごい!」という大確信を、若き命に刻んだのであります。
 今、未曾有の大不況にあって、全国・全世界の同志が、地域社会の一大変革のために、真剣に題目を唱えながら、人生の現実と格闘されています。
 崇高なる仏の大音声が、生命を揺さぶらないわけがない。必ずや変毒為薬し、その地その国を、宝土と変えていけることを確信し抜いてください。

諸天よ弟子を護れ
 大聖人は仰せです。
 「各各をば法華経・十羅刹・助け給へと湿れる木より火を出し乾ける土より水を儲けんが如く強盛に申すなり」(御書1132㌻)
 湿った木から火を出す思いで、乾ききった土から水を出す思いで、私は皆の無事を強盛に祈っている──。御自身が流刑の真っ只中にあった佐渡の地から、遠く鎌倉の門下たちの身を案じられています。
 法華経よ、諸天善神よ、わが弟子を断じて護りたまえ! これが師匠の祈りです。師匠とは何とありがたいものか。私はこの御文を拝するたびに、感謝と不惜の念がわいてきます。
 私もまた、尊き同志の皆様方、そして全世界の民衆が、あらゆる辛苦を乗り越え、晴れ晴れと幸福・栄光の勝鬨を上げられるよう、ひたぶるに祈っています。
 戸田先生は断言されました。
 「題目で勝ちなさい。何があっても、あげきった題目の福運は厳然と残る。絶対に消えないのだ」
 勝負は、我ら自身の一念です。行き詰まったならば、それは「前進している証しだ!」と胸を張って、何ものにも負けず、堂々と歩み抜きましょう。
 創価の師弟の大音声──唱題と対話の「大風」を、縦横自在に社会へ吹きわたらせようではありませんか!

  颯爽と
   また決然と
     指揮とれる
   君が動けば
     勝利の天地に
2009-06-04 : 御書と師弟 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。