FC2ブログ

河南師範大学「名誉教授」称号授与式

中国 河南師範大学「名誉教授」称号授与式  (2009.4.24 創価大学本部棟)

 中国・河南省の発展を牽引する名門「河南師範大学」(焦留成《しょうりゅうせい》学長)から、創価大学創立者の池田名誉会長に「名誉教授」称号が贈られた。世界平和と日中友好、文化・教育事業への多大な貢献を讃えたもの。授与式は24日、河南師範大学の張亜偉《ちょうあい》校務委員会主任ら大学首脳が出席し、東京・八王子市の創大本部棟で挙行された。山本創大学長に名誉教授の証書が託された。


張校務委員会主任の授与の辞

世界を建設する青年の育成と
中日友好のために共に努力を


 花が咲く、春うららかな日に、私たちは喜んで、美しい創価大学を訪問いたしました。池田大作先生に、河南師範大学の「名誉教授」称号を授与させていただきます(大拍手)。
 まず私は、河南師範大学の2万6000人余の教師、学生一同を代表し、池田先生に真心の敬意を表したいと存じます。ご臨席の創価大学の先生方とご友人の皆様に、温かくご挨拶をさせていただきます。
 池田先生は、中日友好事業の先駆者です。長きにわたり、中日両国人民の友好往来を促進され、中日国交正常化を実現させるために、早くから主張されました。中日両国人民の友好と文化交流のために、大きく貢献してくださいました。
 また新中国の歴代の指導者たちと深厚な友情を結んでおられます。私たちは、池田先生を心から尊敬いたしております(大拍手)。
 池田先生は、世界でも著名な優れた詩人、哲学者、思想家、教育家、社会活動家であり、公明党、創価大学の創立者です。数十年来、たゆみなく文化教育事業と世界平和運動に携わり、著しい成果を収めてこられました。世界平和のために、優れた貢献をされ、世界各国の人民に尊敬されております。
 河南師範大学は1923年に創立された学校です。中華文明の揺藍──黄河流域の、歴史に由緒ある街・新郷《しんごう》市にあります。
 いま本学は、53の専攻があり78の修士課程と4つの博士課程があります。80余年来、本学は知識の伝承、科学の発展、人材の育成、社会への奉仕を任務として、すでに12万人以上の卒業生を育ててまいりました。
 地方の経済・文化・社会の発展と、国家の現代化に積極的に貢献してまいりました。とくに経済改革・対外開放の政策が実行されて以来、本学は、教育の国際化の目標に向けて、積極的に、国外、とりわけアジアの各大学との学術交流を推進しております。国際的視野をもつ人材を育成し、異なる文化背景をもつ各国人民の間の相互理解のために、奉仕しております。
 池田先生を、本学の名誉教授に招聘させていただくことは、わが大学の歴史上の一大盛事であります。本学の教師、学生一同にとって、身にあまる光栄でございます。本学の未来の国際交流のために、新しい基礎となり、私たちの原動力となることでしょう。
 本日、池田先生が自ら創立された創価大学を訪れ、親しみを感じています。私たちは、本日を機会に、創価大学、日本の教育界、社会各界との提携をもっと緊密にし、交流合作を強め、世界の美しい未来を築き上げる青年の人材を育成し、中日友好を促進するために積極的に貢献していきたいと決心しました。
 河南省は、中華文明の発祥地・黄河流域にあります。悠久なる歴史をもち、人文・景観が数多く集まっています。河南省の人民は、もてなしの心をもっています。中華民族の始祖・軒轅黄帝《けんえんこうてい》の故郷、中国史上はじめての仏教寺院・白馬寺、中国の三大石窟の一つ・龍門石窟、天下の名刹・少林寺などは、河南省内にございます。
 私はこの場をお借りして、皆様の河南省のご訪問、観光、交流へとご招待いたします。河南省で再会することを、心から期待しております。
 最後に、中日友好がいつまでも盛んになるよう、お祈りいたします。創価大学のますますのご発展をお祈りいたします。大変にありがとうございました(大拍手)。

池田名誉会長の謝辞(代読)

全体人間として社会に尽くせ!
民衆勝利を若き指導者に託したい


 一、河南──それは、母なる黄河の流れとともに、悠久5000年の歴史を刻んでこられた、中華文明の発祥の天地であります。
 その深遠なる文化と精神性を脈動させながら、大中国の教育界をリードされゆく誉れの貴・河南師範大学より、ただ今、私は最高の栄誉を拝受いたしました。これほどの光栄はございません。
 満腔の敬意と謝意をもって、厚く厚く御礼申し上げます。誠に誠に、ありがとうございました(大拍手)。

師に捧ぐ栄誉
 一、今、私の胸には、35年前、貴・河南省で結んだ、忘れ得ぬ友誼の一夜の情景が蘇ってまいります。
 それは1974年の6月、初めて貴国にお招きいただいた折のことでありました。
 西安市から上海市へ飛行機で移動する途次、中継地の悪天候のため、急きょ予定が変更となり、貴・河南省の省都である鄭州市に滞在させていただくことになったのであります。
 突然の訪問にもかかわらず、貴・河南省の先生方は、それはそれは温かく歓待してくださいました。
 青春時代からの憧れであった歴史の大舞台に、思いがけず立ち寄ることができ、そして、新しき友情を結ぶことのできた、あの時の感動と感謝は、今もって胸に熱く刻まれております。
 その懇談の折、古来、河南の大地が、洪水や干ばつ、蝗《いなご》の大群など、幾多の厳しい試練に立ち向かいなだら、中国の大穀倉地帯として文明を育んでこられた不屈の誉れもうかがいました。
 恩師・戸田城聖先生が愛読され、私たち青年に徹底して学ばせた貴国の古典『十八史略』や『水滸伝』 『三国志』も、「中原《ちゅうげん》」すなわち河南を軸に繰り広げられた大絵巻であります。
 なかんずく、巍々堂々たる太行《たいこう》山脈に抱かれた、貴大学の立つ景勝の新郷市は、「古代第一の忠臣」と讃えられる比干《ひかん》が眠る天地でもあります。
 祖国のため、民衆のために、迫害を恐れず、命を賭して、正義を叫び切った、その崇高なる人生の劇は、私どもの信奉する日蓮仏法においても、「賢人」「報恩」の手本として、繰り返し賞讃されております。
 わが恩師も、日本の軍国主義と戦い抜いて獄死した、創価教育の父・牧口常三郎先生と重ね合わせて、私たちに語ってくださっておりました。
 「誠実と素朴を尊び、学問に勤め、団結を重んじ、健全な品格を養う」との学風を誇る貴大学には、比干をはじめ古代の大英雄たちから流れ通う、尊極の知性と正義の魂が脈打っております。
 その意味からも、貴大学から賜った栄誉を、わが先師・恩師も、どれほど喜んでくださることか。私は感慨無量なのであります(大拍手)。

大学教育の真髄
 一、貴大学は、建学より86年、力ある12万余人の俊才、逸材を育成してこられました。
 尊敬申し上げる張亜偉校務委員会主任は、厳然と宣言しておられます。
 「わが大学は、創建以来、民衆に満足していただく大学であることを責務としてきました」と。
 なんと崇高に、大学教育の真髄が示されていることでありましょうか。私は感動しました。いな、感涙いたしました。
 私も、「大学は、大学に行けなかった方々のために尽くすことが責務である」との信念をもって、創価大学を創立したからであります。
 今、世界経済の不況と混沌の波のなかで、真に民衆の依伯依託となり得る人材を、大学が、どのように薫陶していくか。これは、人類全体の重大な課題であります。
 その確かなるビジョンを、張主任のもと、貴大学は明確に掲げておられます。
 昨年、焦留成学長が新入生に贈られた指針も、私は感銘深くうかがいました。
 「自らが考えることを身につけ、『創新精神』を養え」
 そして、「優れた『徳』『智』『体』をもった全体人間として、社会の発展のために尽くせ」と。
 わが創価大学の目標とも完璧に一致しております(大拍手)。

平和友好の偉業を次世代に継承

 一、それは、1958年のきょう、4月24日の出来事であります。
 私たちが敬愛してやまぬ周恩来総理は、貴・河南省に向かわれました。黄河の治水の難事業のために、現場へ足を運ばれ、担当者と真剣な討議を重ねられながら、こう語られたのであります。
 「直面する問題のうち、解決できることは、私たちが解決していこう。しかし、解決できないものは、後世の人々に解決してもらおうではないか。なんと言っても、次の世代は今の世代に勝《まさ》っていくのです」と。
 偉大な事業は、安直に成し得るものではありません。民衆が勝ち栄えゆく時代を建設するためには、世代から世代へ継承しゆく、持続的にして多角的な建設が必要であります。
 ゆえに、周総理は常に青年を信じ、青年を励まし、青年に希望と勇気を贈りながら、未来を託されていたのであります。
 私も、貴国と日本の平和友好を、周総理から直接、託された一人であります。その大事業が、今、陸続と両国の若き指導者たちに受け継がれていることは、私の何よりの誇りであり、喜びであります。

河南師範大学の校歌
青春の松明を灯せ 智慧の宝蔵を開け


 一、貴大学の校歌は、誠に素晴らしい。
 「青春の松明を灯せ 智慧の宝蔵を開け 民族の希望を担って 人生の輝かしいページを綴りゆけ」と。
 本日より、私も誉れある貴大学の同窓とさせていただき、先生方とご一緒に若々しき教育の太陽を、いやまして輝かせゆく決心であります。
 終わりに、滔々たる大黄河の流れのごとく、貴・河南師範大学の限りなき人材の大河が、21世紀の大中国を、そして世界を潤しゆくことを心よりお祈り申し上げ、謝辞とさせていただきます。
 謝謝!(中国語で「ありがとうございました!」)(大拍手)

名誉会長が漢詩を贈る

永遠の友誼の心を託して

伸張正義人為本
厚徳博學止至善
河南師範譽亞太
豐功偉績震中華

〈大意〉人間主義の正義を広く訴え、厚徳、博学にして至善を目指す校訓を持つ。
河南師範大学の名声は、アジア・太平洋地域にまで響きわたり、その偉大なる功績は、全中国に名を轟かせている。
2009-04-25 : スピーチ・メッセージ等 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索