スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

人間主義の旗を──寛容・慈悲・対話

人間主義の旗を──寛容・慈悲・対話 フェリックス・ウンガー対談
  東洋哲学研究所 2007.8.24刊 ¥1890(税込)   

序章 ヨーロッパ科学芸術アカデミーとSGI
 非暴力を「グローバルな倫理」に
 「地上から悲惨の二字をなくしたい」
 仏法が説く人間・自然・宇宙
 師父の存在、両親の教え
 アカデミー設立の動機
 アカデミーが取り組むプロジェクト
 哲学・宗教と自然科学との対話
 人間は「共通点」のほうが多い
 宗教間対話は「精神の戦い」
 キリスト教と仏教の共通項
 “9・11”直後に「四大宗教間対話」
 「人間の救済」への協力
 宗教間対話は「対話の文明」の先駆

第1章 宗教と寛容
 寛容は「グローバル時代に必要な徳」
 資本主義という新宗教
 「寛容憲章」と「SGI憲章」
 「寛容の精神」の定義
 一神教は非寛容か?
 “他者を悪魔化する”危険
 宗教と「寛容の危機」
 世界宗教のもつ「寛容の伝統」
 宗教と権力
 「科学的思考」との調和が不可欠
 「形式的な寛容」と「内実ある寛容」
 “暴力と憎悪の連鎖”を断ちきるもの
 「自由の像」とともに「責任の像」を

第2章 仏教の慈悲とキリスト教の愛
 「慈悲」の本義
 菩薩は「積極的寛容」を実践
 「生老病死」を見つめる人間
 慈悲と愛が「生」を輝かせる
 個人と社会を「癒す」宗教
 ヨーロッパのトラウマ──ファシズムとスターリニズム
 人々の記憶を消し去る全体主義
 統一へ向かうヨーロッパ
 カレルギー伯爵の構想
 ヨーロッパ理念の柱「自由」
 ベルリンの壁の崩壊とヨーロッパの再興
 表現の自由に限界はあるか

第3章 「平和の文化」の創出に向けて
 「物質主義」と「利己主義」の世界
 法華経「三草二木の譬え」のイメージ
 開かれた心──多様性の尊重
 結ぶ力──「対話の実践」
 永遠なる生命価値を──普遍性への洞察
 「世界人権宣言」に込められた「平和への思い」
 人間の内に「聖なるもの」を見る
 “われ”の権利から“われわれ”の共生へ
 「同苦の精神」と「悪への怒り」
 「家庭」から始まる「平和」
 女性の活躍が「精神的な文明」を
 「人間教育」には何が必要か
 幸福になる力を──創価教育の原点
 「最大の教育環境」は教師自身

第4章 地球環境問題と教育
 地球環境への「危機感」を共有
 先進国の「権力主義的な態度」
 「無信仰」が環境悪化の背景に
 生命の“大いなる連関”
 仏教とキリスト教──「自然の位置づけ」の違い
 仏教とキリスト教──「地球への畏敬の念」で共通
 「これから生まれてくる生命」の幸福
 環境教育──まず「事実を知る」
 科学技術をコントロールする「新しい倫理」
 “畏敬と敬虔の感情”を育てる
 “生命の魔性”が生んだ核兵器
 「宇宙的に考え」「地球的に行動する」

第5章 健康・医学・生命倫理
 「自分自身が自分の医師に」
 人間は何歳まで生きられるか
 心臓病を防ぐには
 「生命の起源と進化」に新しい光
 遺伝子技術──恩恵と期間
 生殖医療と胚の利用
 脳死・臓器移植の諸問題
 「積極的な安楽死」をめぐって
 臨死体験が意味するもの
 「生命の永遠性」
 医療倫理──医師のあるべき姿とは
 「患者の自己決定権」が拡大
 医療事故を防ぐために
2007-08-24 : 文明間対話 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。