女性に贈ることば365日

女性に贈ることば365日 
  単行本 海竜社 2006.11.18刊 ¥1365(税込)

1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2006-11-09 : 箴言・短文指針 :
Pagetop

「生老病死と人生」を語る

「生老病死と人生」を語る
  単行本 聖教新聞社 2006.11.18刊 ¥1000(税込)

はじめに

第1回 風邪から学ぶ

生死こそ時代の焦点
悲しみの母へ釈尊の導き
万物は生と死を永遠に繰り返す
女性の視点は健康に不可欠
慈悲とは行動 抜苦与楽を!
堤婆の嫉妬心
「たかが風邪」と甘く見ない
「病気は魂を解放する!」(ロマン・ロラン)
悩みがあるから豊かになれる!

第2回 仏法と医学

「戦う一念」に生命は輝く
勤行は医学的に正しい健康法
毒を出し切る力強い唱題を
四大(しだい)の不調和
病気になる六つの原因
妙法は「大良薬」 仏は「医王」
仏法は最大に医学を尊重!
自分が「病院長」「看護師長」に
健康人生は創造的人生

第3回 インフルエンザの謎

“自分だけは”の油断は大敵
風邪とは違う
予防接種の効果
空気を入れ替え加湿器を設置
こまやかな配慮 電光石火の激励
患者さんの臨終を前に
死を忘れた社会
生も歓喜! 死も歓喜!
スペイン風邪は戦争終結を加速
なぜ新型が?
心に緊張感を
周到な準備が勝利の第一歩
「同苦の心」こそ健康社会の根幹

第4回 人間は「遺伝」で決まるか

自分の未来は自分でつくる
家族の入院
頭の良しあしは何で決まる?
「3分の1」も残っている!
ゲノムとは?
遺伝子から発病は予測できるか
ヒソヒソ話は病人の前で厳禁
安易な「頑張れ」は圧迫感になる
心配を具体的に除いてあげる
真心の激励には100倍の重みが!
家族も“患者”ねぎらう言葉を
偏った遺伝観は悲劇の引き金に
進化論研究者と名誉博士を受章
「すべての生命が等しく神聖」(スワミナサン博士)

第5回  子どもとストレス

「信頼」と「尊敬」ありて健康に育つ
父の夢を継いで
減る小児科医
1割が心身症
SOSのサインを見のがすな
まず話を聞く
「自信」をはぐくめば成長の原動力に
主人在宅ストレス症候群
ミスの予防策は原因の調査から
人生の充実は中身で決まる
医師は絶対にあきらめるな
明年も健康で大勝利の人生を

第6回 「脳」の世紀〔上〕

鍛えれば鍛えるほど力を発揮
「青春とは臆病さを退ける勇気」
大脳の連絡網は10の1万乗以上
女性は左右の脳を調和して使う
脳の重さと知能の関係
人のための努力が頭を良くする
脳は常に生まれ変わろうとする
英・ロンドンのタクシー運転手
手や足、口や顎を動かす
前向きな姿勢が脳の健康を維持
虚血性心疾患
無理は続かない 道理の生活を!
温度差には注意!
一番の予防は基本の徹底に

第7回 「脳」の世紀〔下〕

母の愛情が脳の栄養に
生まれてすぐ脳は成長する
赤ちゃんを抱き締めて
子は愛されたい 優しくされたい
医学博士号と医師の国家試験
医学教育は臨床重視へ
「常に生老病死の憂患(うげん)有り」
「八苦」とは
何でも話せる友人を持つ
「能く忍ぶ」強さこそ仏の境涯
「発展の原動力は会長の指導性に」(シマー博士)
「希望や決意は人体にかかわる」

第8回 予防は子どもの時代から〔上〕

命は食にあり
「食料によって怠惰にもなる」
「食育」とは?
自分の健康は自分で守る
体験に勝る教育はなし
食生活を変えるには3代かかる
伝統の日本食はバランスがいい
朝食は王様
食卓を囲む──そこに団結が
「四食(しじき)」とは?
知恵の衛生学
「いただきます」は奉仕の誓い

第9回 予防は子どもの時代から〔下〕

歯は「生命の土台」
昔に比べ「かむ」回数は6分の1
鍛えれば歯も精神も強くなる
唾液は“不老長寿の妙薬”
繊維質の食物を
讃えること 励ますこと
磨くポイント
釈尊の時代にも“歯ブラシ”が
虫歯のない人は歯周病に注意を
陰の人を大切に
呼吸を合わせる
口を動かせば歯並びは改善
唱題の音律

第10回 豊かに老いるために〔上〕

大目的に生きる人は若く 前進の人は常に生き生き
活性酸素が老化の原因
家の中での転倒に注意
「明日でもいいかは老いの始まり」
青年時代は鍛え 中年以降は維持
人の不幸を喜ぶのは男女どちら
幾つになっても「開かれた心」で
老いとは「終わった」と思うこと
「私にはまだまだやるべきことが」(ロートブラット博士)
多宝会は長寿社会をリード
「さあ、仕事を続けよう!」(トインビー博士)
「活動の停止は活力を失わせる」(レオナルド・ダ・ヴィンチ)

第11回 豊かに老いるために〔中〕

不老不死とは新鮮な生命力
長寿者の特徴
「音読」は脳を活性化
脳細胞は高齢でも新しく生まれる
肉体は衰えても脳の働きは維持
老いとの戦いは臆病との戦い
「挑戦また挑戦」の総仕上げを!
夕日のごとく荘厳に悠然と
「おばあちゃん効果」
「棄老国」
「上行菩薩と申せし老人」
「長寿にして衆生を度せん」
多宝会から「老年ルネサンス」を!

第12回 豊かに老いるために〔下〕

学会活動は最高の健康法
アルツハイマー病
『恍惚の人』
牧口先生も義母を介護
生活環境や習慣を急に変えない
「孫は優しい」?
「経行(きょうぎょう)」とは?
昼寝の効用
くよくよしない
「一人でいるのはよくないこと」
「老後の一日は千金にあたる」
感動を忘れない人は若い
「月月・日日につより給へ」
天からは花が 空には音楽が

第13回 現代医療の課題〔上〕

「患者第一」こそ医療の原点
「希望は寿命を延ばす力がある」
皆に尽くす!──その心に健康が
学会活動に無駄はない
病院を一番よく知っている人
連携不足は医療ミスの原因に!
医師と看護師は平等な協力者
私たちは患者のために集ってる
知恵は第一線に
生命尊厳の哲学こそ安全の基盤

第14回 現代医療の課題〔下〕

「対話」こそ癒しの源
諸天に守られ寂光(じゃっこう)の宝土へ
離れていても心は共にある
生々世々に希望の人生
人間としての絆を強めよ!
「声仏事を為す」
「医師の言葉は武器にもなる」
医師は説明を! 患者は主体性を
題目は「希望の力」を無限に増幅
信心には量(はか)り難い治癒の力が
2006-11-09 : 健康を語る :
Pagetop
ホーム

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索