スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

未来への一歩 名誉会長の語らいから

未来への一歩
  名誉会長の語らいから

No.1(2011.2.21付 聖教新聞)
皆を幸福にしよう

 未来の勝利へ歩みゆく友に、池田名誉会長の語らいを紹介したい(随時掲載)。
        ◇
 後輩が、なかなか成長しない。そう嘆く人がいる。青年を育てる秘訣は?──名誉会長は語る。「『自分以上の人材なのだ』『自分以上に育てていくのだ』──この決心が人を育て、自分を育てる。『皆を幸福にしよう』 『皆を偉くしよう』『皆の力を発揮させよう』──指導者は、ここに心を砕くべきである。ただ漫然と活動しているだけでは、人は育たない。意識して、祈り、育てなければならない」
 どの人も、その中に「黄金の輝き」をもっている。その黄金の光を、どう輝かせていくか。ここに指導者の使命がある。

No.2(2011.2.24付 聖教新聞)
自分が希望をつくれ

 人生において、一番の宝とは?──それは「希望」。池田名誉会長は呼びかける。
 「どうか朗らかな人生を! 朗らかな出来事がなければ、自分でつくればよい。
 希望がなければ、自分で希望をつくればよい。心は自由自在だからである」
 妙法は永遠の宇宙の法則。それを持《たも》っているのだから「何かあっても困らない!」「絶対に負けない!」。この確信が信仰だ。
 「それなのに、すぐに悲観し、弱気になるのは、信仰ではない。そういう『弱い心』だから、苦しんでしまう。
 永遠の大法則であるゆえに、勝つに決まっている! 幸福になるに決まっている! 楽しい人生になるに決まっている! そう『決めて』胸を張って進んでいただきたい」

No.3(2011.2.28付 聖教新聞)
確信と体験を語れ

 同じ世代の友人たちに、仏法の素晴しさを伝えていく上での指針を──海外の女子部の質問に答えて、池田名誉会長は語った。
 「大切なのは、誠実に話すことです。相手の方は仏法を初めて聞く方でしょう。だから誠実に、誠実に、わかりやすく話していくことです。
 仏法の偉大さと信心の素晴らしさを自信満々と話していくことです。
 そして人生の確信ある生き方、未来への限りなき希望に雄々しく生き抜く、価値ある生活の実証を語っていくことです。
 結論して言えば、自分自身の確信と体験を堂々と語り抜いていくことです。
 それが相手の生命に、幸福と希望の種を植えることになるのです」

No.4(2011.3.3付 聖教新聞)
耐え抜いた人に栄冠

 思わぬ試練にぶつかったら──池田名誉会長は巌窟王の物語を通して、若き友に語る。
 「人生、耐え抜いた人に『栄冠』がある。最後は、その人が勝つ。その崩れざる信念を貫き通していくなかに、真実の『信用』も自然に残る」
 「作家・吉川英治氏は『苦徹成珠《くてつたまをなす》』と言った。
 “苦に徹すれば珠となる” ──有名な言葉である」
 「仏とは『能忍《のうにん》──能く忍ぶ』人をいう。青年は、波瀾万丈の人生でよいのである」
 「あせることはない。人をうらやむ必要もない。自分は自分らしく、仏道修行を貫き通していけばよい」
 途中で何があろうが、最後に勝つ。一生の総仕上げで見事に勝つ──ここに仏法の精髄がある。

No.5
(2011.3.7付 聖教新聞)
一人立つ勇者たれ

 師ソクラテスと弟子プラトン。西洋哲学の源流には師弟がある。
 スポーツや学問や芸術にも師弟がある。
 師弟ほど、強く、尊く、ありがたいものはない。
 師の薫陶ありて、今の自分がある。今日の学会の発展がある──池田名誉会長は力を込めて語る。
 「牧口先生のときは、戸田先生が一人、立ち上がった。戸田先生のときは、私一人であった。
 今、その一人が、どこから出てくるのか。私はじっと見ている。
 『私が広宣流布の全責任を担います!』
 『誰が何と言おうとも、私が一人、立ち上がります!』
 こう天に向かって叫び抜き、祈り抜き、戦い抜いていく。
 その『真剣の一人』が必要なのである。
 『本物の弟子』を育てたいのである」

No.6(2011.3.10付 聖教新聞)
必ず変毒為薬できる

 病気、経済苦、人間関係。どうして、こんなに悩むのか──。苦闘する友に池田名誉会長は、広布の人に競い起こる試練は全部、意味があると語る。
 「広宣流布の使命に生きゆく人生は『煩悩即菩提』であり、大きく悩んだ分だけ、大きく境涯が広がり、大きく福運が積まれる」
 「仏法は『変毒為薬』の大法である。
 何があろうとも、必ず乗り越えていくことができる。また一つずつ絶対に打開できるように試練が現れてくる」
 「宿命転換の戦いに、断じて負けてはならない」
 勝つための仏法だ。幸福になるための人生だ。
 信心強き人は厳として守護され、必ずや良い方向へ向かっていく。
 所願満足の幸福の軌道を歩んでいける。
スポンサーサイト
2011-02-24 : 未来への一歩 :
Pagetop
ホーム

プロフィール

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。