天文学と仏法を語る

天文学と仏法を語る
  第三文明社 2009.5.3刊 ¥1500(税込)

対談者 ロナウド・モウラン

はじめに    池田大作

第1章 大宇宙との語らい
 1 ロマンの天空を仰いで
  輝ける金星の如く
  星々を友として
  父母の恩、社会の恩
  詩人が捉えた宇宙のロマン
  星の等級
 2 詩心の天文学──宇宙と人間の共鳴
  ハレー彗星の思い出
  母のギター、父の哲学
  ロマン豊かな「星の文化」
  「外なる大宇宙」と「内なる小宇宙」
 3 南十字星の輝き
  ブラジル最高峰の勲章に南十字星
  新しい星を生み出す「暗黒星雲」
  星の宝石箱、星のシャワー
  宇宙は「生命の海」
  天文学が哲学的・宗教的思索を触発
 
第2章 地球環境と宇宙の探求
 1 天文学と国際協力
  シリウスの輝きとプレアデス星団
  人間の可能性を開く天文学
  世界観の転換──天動説から地動説へ
  宇宙探究の国際協力が拡大
  「人間の安全保障」から「地球生命の安全保障」へ
 2 宇宙時代の地球に生きる
  ゲーテとシラーの天体観測
  天文学が可能にした鄭和とエンリケ王子の大航海
  ホイル博士の「銀河図書館」のアイデア
  宇宙から見た地球的環境汚染
 3 「地球観革命」「生命観革命」を
  水をもたらす「ミニ彗星」の発見
  「生命の起源」の探求に「智慧の眼」を
  多様性の尊重が発展をもたらす
  「宇宙の一員」として創造への行動を
 4 アマゾンの魅力とは
  生命の宝庫アマゾン
  アマゾン自然環境保護センターの取り組み
  アマゾンの天空の輝き
  「月」と「睡蓮」の伝説
  インディオの文化は英知の結晶

第3章 宇宙の不可思議に迫る
 1 宇宙に「水の惑星」はあるのか
  地球型惑星を探す試み
  惑星探査機によるタイタン観測
  木星に生命が存在する可能性
  「環境」と「生命」は一体不二の存在
  挑戦の心と勇気が環境を変える
 2 超新星と大宇宙のドラマ
  1054年の超新星爆発
  星が発する電波の発見
  超新星の爆発が重い元素を生む
  宇宙を見よ、人間を知れ
 3 宇宙は今、どこまでわかっているのか
  深い洞察がもたらす宇宙観の発展
  「グレート・ウォール」と「ボイド」から成る宇宙の“大規模構造”
  アインシュタイン博士の「宇宙項」
  「ビッグバン理論」の確立と「ダークマター」の発見
  大宇宙の壮大なる慈悲の働き
 4 宇宙へのまなざし、人間へのまなざし
  宇宙の未来はどうなるか
  古代世界の宇宙観の英知
  仏教の説く「須弥山宇宙説」
  「多宇宙」仮説と「三千大千世界説」

第4章 人類の「心の宇宙」の開拓を

 1 子どもを幸福にする教育を求めて
  慈愛の励ましで青少年を育成
  ブラジルに広がる「牧口プロジェクト」
  小学校時代の恩師の思い出
  困難に負けない力が「幸福」の源泉
  「知識」と「知恵」と「慈愛」の調和を
 2 活字文化の復興で人間愛の世界を
  若き日の読書
  「人間へのまなざし」「社会の関わり」が文学の真髄
  「内なる宇宙」を探索したユゴー
  天文学の分野で女性が活躍
 3 暴力の洪水に打ち勝つ精神の力を
  「核兵器廃絶」の信念の継承
  冥王星に学ぶ「使命の軌道」
  平和創造へ生命の「宝石」の開発を
  人間の可能性を開花させる「師弟」
  「弟子の自覚」が無限の力と知恵を生む
 4 共生と調和の世界へ
  木星とその衛星が示唆する「組織の要諦」
  太陽エネルギーの開発で地球環境を保護
  「地球家族」の一員としての自覚を育む
  「共生の世界」創出へ「善の連帯」の拡大を
  
あとがき    ロナウド・モウラン 
2009-04-12 : 科学との対話 :
Pagetop

科学と宗教

科学と宗教 上・下
  単行本 潮出版社 1994.5.3刊 各¥1427(税込)

対談者 アナトーリ・A・ログノフ

科学と宗教 

まえがき 池田大作

21世紀の「科学」の夢とロマン ──「生命のダイヤモンド」の輝き
 再会の喜び
 新しき人類のテーマ「科学と宗教」
 21世紀に実現する科学の夢
 「科学の発展」と「人間の幸福」
 「宝石の王者」ダイヤモンド
 月や火星にダイヤモンドはあるか
 内なる「生命のダイヤ」の光彩
 未来を開く「生命論」「宇宙論を」

はるかなる「宇宙」と「生命」の旅 ──仏法の「空」のダイナミズム
 スペースシャトルの宇宙実験室
 無重力空間に浮かんだリンゴ
 素粒子の寿命はどれくらいか
 「時間の旅」は実現するか
 壮大な「外なる宇宙」 お「内なる魂」
 宇宙空間と「空」の概念
 かたちと力──自然界の造形
 「空」──その無限の創造力

「脳」と「心」の妙なる劇場 ──夢と記憶と創造性をめぐって
 価値ある一日、価値ある一生
 逆説睡眠と夢の不思議な関係
 「九識論」が解明した心の構造
 未来の予兆「大いなる夢」
 脳の中の壮大なるドラマ
 創造的な能力と「毎自作是念」
 良き師と出会った人の幸せ
 創造性の源泉「九識心王真如の都」

「宇宙の法則」が奏でる交響楽 ──仏法の「諸法実相」とエネルギー
 春の到来を告げる「春雷」
 邪悪と戦い正義の人を守る
 アショーカ王の石柱を折った落雷
 雷を起こす「静電気」とは
 「電磁波」に満ちた宇宙空間
 森羅万象とあらわれる「実相」
 現代物理学と仏法の宇宙観
 人間の生命と「桜梅桃李」の原理

光と鏡と「量子」の不可思議 ──ミクロの世界と仏法の「三諦論」
 平和への友情のネットワーク
 宇宙の森羅万象を映す鏡
 生命を磨く「自浮自影の鏡」
 高エネルギー加速器建造のころ
 ミクロ世界の不思議「粒子の誕生」
 光の二重性──「粒子」と「波動」
 量子力学の描く「ミクロ世界」
 万物の実相を解く「円融三諦論」
 
健康革命の世紀へ ──ライフサイエンス(生命科学)と仏教の英知
 人間は何歳まで生きられるか
 DNAの“二重らせん構造”とは
 ガンを発現させる「遺伝子」
 “生への意欲”は免疫力を強める
 仏法の解く「生老病死」の意味
 人間のための「遺伝子工学」の途
 科学の「分析知」と仏教の「智慧」

アインシュタインを超えて ──「相対性理論」と仏法の「宇宙観」・その1
 ゴルバチョフ氏との再会
 「相対論」とポアンカレの業績
 大きな重力は「空間」を曲げる
 「時間」の進み方が遅くなる理由

科学と宗教 下

アインシュタインを超えて ──「相対性理論」と仏法の「宇宙観」・その2
 仏法が説く「時間」と「空間」の融合性
 宇宙の膨張示す“ドップラー効果”
 宇宙の「始まり」と「終わり」は?
 「成住壊空」と仏法の宇宙観
 
新しき「宇宙文明」の夜明け ──「地球外生物」と仏法の「生命観」
 ホイル博士の『暗黒星雲』を読む
 「宝塔」──荘厳なる生命の輝き
 未知との遭遇“SETI”
 ETと出会う確率
 「地球外文明」からのメッセージ
 生命体としての地球
 ETに宗教はあるか
 恐竜の絶滅と人類進化の条件
 希望の未来へ──人類的課題を超えて

壮大なる人類誕生のドラマ ──「進化論」と「宗教の起源」
 「生命進化」の“カレンダー”
 荘厳なるドラマ“生命の誕生”
 生命発生の謎を解く
 ダーウィンと「進化論」の成立
 「進化論」はいかに進化したか
 ヒトが誕生した条件とは
 「宗教」の起源をめぐって
 「レリジョン」と「宗教」
 
生と死─はてしなき人類のフロンティア ──永遠の生命観と「衆生所遊楽」
 一枚の名画をめぐって
 ロシア文学の「生死観」を読む
 キューブラー・ロスの臨死研究
 「霊魂不滅」と「輪廻転生」
 「業(カルマ)の法則」たは何か
 「脳死」と「臓器移植」をめぐって
 永遠の生命と「本有の生死」

21世紀の科学と宗教 ──対立の歴史から協調の未来へ
 モスクワ大学で講演を
 歴史のなかの科学宗教の対立
 ケプラーの発見と「魔女裁判」
 西洋近代科学の形成
 非西洋地域での科学の発展
 右脳と左脳の相補性
 21世紀の科学と宗教の条件
 
“地球生まれの宇宙人”たちへ ──精神文明の復興と人類の使命
 現代文明の危機を超えて
 精神文明の復興と「世界宗教」
 新たなる「世界宗教」の条件
 文明創出の基盤「人間革命」
 「菩薩」の実践とSGI運動
 「遺伝子工学」「宇宙開発」の未来
 “地球生まれの宇宙人”の使命

あとがき アナトーリ・A・ログノフ
2006-04-20 : 科学との対話 :
Pagetop

第三の虹の橋 人間と平和の希求

第三の虹の橋 人間と平和の希求
  単行本 毎日新聞社 1987.6.5刊 ¥1500+税
  
対談者 アナトーリ・A・ログノフ

1962年 ロシア連邦共和国クイヴィシェフ州生まれ
モスクワだ学総長(77~92年)・ソ連科学アカデミー副総裁・
ソ連共産党中央委員最高会議代議員等を歴任
ソ連核合同研究所・理論物理学研究室副室長を経て
プロトヴィノ高エネルギー物理研究所所長

日本の読者の皆さまへ  アナトーリ・A・ログノフ
まえがき 池田大作

第1章 人生を語る
 幼児期の思い出
 勉学時代
 心に残る人
 戦争体験
 家族について
 仕事と生活信条

第2章 人間の探求
 人間探求と文学
 人間とは何か
 自己抑制の基盤
 生と死
 幸福の追求
 尊厳の意味
 社会変革と人間革命

第3章 現代社会と教育
 人間における教育の意味
 青少年と人格形成
 家庭教育
 現代社会と女性
 福祉制度を活かす道
 大学の未来はどうあるべきか
 社会に開かれた大学へ

第4章 文化の融合
 ソ連における東洋と西洋
 伝統と近代化
 愛国心と文化の融合
 文化交流のあり方

第5章 科学と現代文明──書簡による一問一答
 科学における“個”と“全体”
 時間と空間
 宇宙の構造・進化とその始源
 「生命の発生」をめぐって
 宇宙における知的生物の存在の可能性
 科学の発達と人間精神の開発と関連
 科学の発達と世界観
 遺伝子工学の進歩について
 科学の成果の医学への応用
 核物理学の医学への貢献
 高度神経活動学説
 核融合研究と国際協力

戦争と平和──あとがきに代えて
2006-04-20 : 科学との対話 :
Pagetop

宇宙と地球と人間

宇宙と地球と人間
 アレクサンドル・セレブロフ対談
  単行本 2004.11.18 潮出版社刊 ¥1890(税込)

まえがき 池田大作
尊敬する読者へ アレクサンドル・セレブロフ

第1章 壮大なロマン「宇宙」──少年時代の夢と感動
 「内なる宇宙」と「外なる宇宙」との対話
 「宇宙の哲学」は「人間の哲学」
 星々のロマンに魅せられて
 宇宙との劇的な出会いが少年の心を動かした
 美しい地球を未来へ残す義務
 戦争の真っただ中で生まれた子ども
 人間は皆、宇宙の旅人 

第2章 宇宙飛行士への道──必要条件と訓練の日々
 宇宙への挑戦──その第一歩
 健康であることは幸福の大きな条件
 映画出演の話を断った理由
 宇宙飛行の扉を開いた恩師たちとの出会い
 合計8時間にわたった4つの改造手術
 卑劣な怨嫉、陰湿な圧迫を超えて
 宇宙飛行士に必要なのは「人間としての品性」
 100以上もの厳しいテストを突破して
 いざ漆黒の宇宙への旅立ち

第3章 人類の英知の結晶──宇宙ステーション
 懐かしき“宇宙の我が家”「ミール」の思い出
 「ミール」の居住区間の広さ
 頭の上に地球、足元に太陽と月
 九死に一生を得た手動のドッキング
 同志への信頼と尊敬が精神の力を強める
 宇宙バイクに乗って宇宙遊泳した思い出
 無限の宇宙空間へ羽ばたいた日本の折り鶴
 憧れの宇宙遊泳で実感した「無限の宇宙」
 宇宙飛行士のサインとともに消えた「ミール」

第4章 宇宙のフロンティアへ──先駆者たちの挑戦
 民間人も宇宙旅行ができる時代の到来
 宇宙では背が伸びる?
 宇宙で見た夢はやはり地球だった
 地球と人間はリズムが共鳴
 宇宙食は塩と胡椒を効かせている
 宇宙で髪を洗うには?
 セレブロフ流「宇宙酔い」対策法
 死を覚悟した3度の危機
 諦めるな! 最善を尽くせ!

第5章 地球は生きている──宇宙を貫く法則
 永遠なる「宇宙」と内なる宇宙である「生命」
 宇宙服を着ないと体中の血液が沸騰する
 無重力状態の中では傷が治りにくい
 胸躍る「星の海原」への旅
 「宇宙的に考え、地球的に行動する」
 「生命の故郷」地球への帰還
 宇宙を貫く調和と秩序の法則

第6章 尊き生命の揺籃を守れ──環境破壊を防ぐ知恵
 「コロンビア」空中分解の大きな衝撃
 地球は熱にうかされている
 一地域の環境破壊が全地球に及ぶ
 戦争こそ最大の環境破壊
 地球温暖化が不気味に進行している
 地球外エネルギーは可能か
 人類に必要な「人間革命」の思想
 未来を生きる子どもたちのために
 宇宙的視野を培う環境教育の重要性

第7章 「宇宙哲学」の時代へ──万物との共生目指して
 対話への努力を断じて手放さない
 「人道的競争」の世紀を創り出すために
 すべてが共存し宇宙と生命は一体
 手つかずの自然が残るのはわずか17パーセント
 「人生地理学」の注目すべき先見性
 木を植えることは「命を植える」こと
 正義は強くなければならない

第8章 「生命の海」宇宙──仏法からのアプローチ
 星々と語り合うロマンの心
 ダイナミックな宇宙の階層構造
 仏法の洞察は最先端の宇宙論に通ずる
 超新星に見る生と死のドラマ
 宇宙の本質は「絶えざる変化」
 永遠に繰り返す「成住壊空」のリズム
 
第9章 生命の起源と進化──壮大な宇宙のドラマ
 宇宙人は地球を見ているか
 “生命の種”はどこからきたのか
 クローン技術の光と影
 バイオテクノロジーが生態系に与える影響
 「ヒトノゲム」解読で生命の探求が進む
 地球上の生物がたどった進化の道のり

第10章 大宇宙との対話──生命の永遠性をめぐって
 史上初の宇宙結婚式
 ガガーリンの高貴なる最期
 生命には宇宙大の広がりがある
 人間の一生は宇宙に影響を与える
 「宗教的精神」の蘇生を目指して

第11章 生命は限りなく尊い──宇宙からの視座
 心を伝える芸術の力
 宇宙飛行士の妻として
 子どもたちの生命は宇宙生命と呼応する
 読書は宇宙までの境涯
 宇宙も地球も人間も、そして生命も尊い
2006-04-16 : 科学との対話 :
Pagetop
ホーム

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索