敦煌の光彩──美と人生を語る

敦煌の光彩──美と人生を語る
  単行本 徳間書店 1990.10.30刊 ¥1325(税込)
  池田大作全集 17巻     聖教新聞社 ¥2600(税込)

共著者 常書鴻

1904年中国・杭州市生まれ
23歳で西洋画研究のためフランスへ
1943年 敦煌へ
以来敦煌芸術の保護・研究・紹介に生涯を捧げる
敦煌研究所名誉院長
著書に『敦煌と私』『敦煌の風鐸』など

序文 常書鴻
まえがき 池田大作

第1章 シルクロードの宝石 
遙かなる憧憬の地
初めての敦煌との出会い(池田)
「中国敦煌展」(1985年東京富士美術館)
敦煌の興亡
敦煌莫高窟の開創
「敦煌」の歴史・由来・地理
「三危山の金色の光」
砂漠の大画廊     敦煌を創った石匠・画工
仏典と貴重な文書
第17窟「蔵経洞」

第2章 永遠なるものを求めて 
苦難の旅路  「国立敦煌芸術研究所」への赴任
労苦の歳月
美しき西湖の湖畔 常書鴻氏の青少年時代
戦争の時流の中で 池田氏の青少年時代
わが友 わが教師 印象に残っている恩師・学友について
印象に残っている本
人生を決定した出会い パリ時代の思い出
ペリオ『敦煌千仏洞』との出会い
戸田城聖氏との出会い
会長就任時の感想・抱負
今までで最も困難だったことは
最も楽しかったことは

第3章 人類の輝く遺産
模写と保護
莫高窟の壁画
254窟「捨身飼虎図」
420窟「法華経変」
220窟「西方浄土変」「薬師如来」
61窟「五台山図」
23窟「雨中耕作図」
263窟「供養菩薩」
427窟「飛天」
法華経の伝来     莫高窟と法華経
1951年 インド「敦煌芸術展」
法華経と他の経典との差異

第4章 美と創造の世界
敦煌美術の特色     民衆と芸術を結ぶ中心点は
芸術の役割と評価
中国楚の詩人 屈原
困難を支えた内的力
中国美術の近代の流れ
徐悲鴻氏の人間性
ドラクロワとルオー
東山魁夷氏の足跡
平山郁夫氏の画業

第5章 万代の友好の絆
日本文化の源流 敦煌と日本をつなぐ文化の流れ
民衆と民衆の心に懸け橋 創価学会の方針・目的とは
仏教団体創価学会と反戦平和運動のつながり
青年平和文化祭の意義とは
中国との文化・芸術交流の今後
文化交流の推進     1958年(昭和33)日本での敦煌芸術展の反響
周恩来総理の思い出 周恩来総理の印象
井上靖氏との友誼 井上靖氏敦煌初訪問の思い出
恒久平和を願って 日本訪問での印象
中国訪問の印象
日中国交回復提言

エピローグ
1990年6月、北京・釣魚台国賓館での対話
2006-04-22 : シルクロードを語る :
Pagetop
ホーム

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索